アルバム

第51回日本理学療法学術大会が開催されました。

5月27日〜5月29日にかけて第51回日本理学療法学術大会が開催されました。
本学からは、鈴木先生は運営企画とシンポジウムの司会、谷埜先生は演題座長、吉田
先生、鬼形先生、山ア先生、文野先生は研究発表として参加しました。
今後もよりよい研究成果を発表していけるよう教員一同努力していきます。





優秀論文が表彰されました。

関西医療大学の教授を除く全教員が2014年度に発表された英論文のなかより優秀論文が表彰されました。今年度は谷埜准教授、文野助教の論文が優秀論文賞(全学では4名受賞)として受賞されました。おめでとうございます。

学科の教員全員でお祝い会を開催しました。本当におめでとうございます。






平成27年11月14日〜15日

JPTA第2回基礎理学療法学術集会が開催されました。


平成27年11月14日〜15日に神奈川県立保健福祉大学でJPTA第2回基礎理学療法学術集会が開催されました。今回、鈴木研究室の大学院生 福本君、学部2年生 黒部君がポスター発表されました。

基礎理学療法を専門としている沢山の先生の前でしっかり質疑応答してくれました。頼もしいです。

この経験を力にして、素晴らしい研究者になってほしいと思います。





平成27年10月17日(土)

古名先生 ありがとうございました。


平成27年10月17日(土)に本学では公開講座が開催されました。
今回は理学療法学科が企画をさせていただき、札幌医科大学 古名教授をお迎えしました。

写真は、学科教員との懇親会の模様です。本当に勉強になりました。ありがとうございました。





平成26年11月3日(月)

平成26年11月3日、近畿理学療法学術大会が開催されました。鈴木研究室、吉田
研究室から多くの演題が発表されました。

ゼミ研究の成果を卒業後すぐに発表した研究者も堂々としたものでした。皆さん、ご
苦労様でした。



平成26年07月29日、平成26年08月18日

頑張っていますね。 若手研究者  工藤先生、松田先生の講演会

7月29日(火)に 森ノ宮医療大学 工藤先生、8月18日(月)に 植草学園大学 松田先生をお招きして、講演会を開催しました。工藤先生には足部のバイオメカニズム、松田先生には脳機能へのアプローチに関する内容で、現在のアップデートの研究内容をお話いただきました。お二人ともまだ若く、今後の研究の発展が期待できる先生です。講演会後には、本学教員と懇親会を企画しました。本学の教員、学生は大変な刺激を受けておりました。ありがとうございました。





平成26年7月5日

 7月5日(土)の午後 大学院の講義のあとに、鈴木研究室 大学院生、谷埜先生研究室の大学院生、そして、大学教員とともに懇親会を行いました。その席で、みなさんから、私の誕生日のプレゼントとケーキをいただきました。プレゼントは高級ハンガー、洋服などです。ハンガーはすぐに研究室で使わせていただいています。その時にいただいたケーキです。みるだけで美味しそうですよね。


 また、イチゴのホールのケーキは学部3年生からいただきました。授業後に、「先生質問がありますので、教室にお願いします。」との話・・なんか変だな? と思って教室に入りますと、ケーキとみなさんからの歌  嬉しいですね。実習前の大変なときに、感謝ですね。これからもみなさんのために頑張ります。
みなさん、ありがとうございました。




平成25年12月3日

 平成25年12月3日に学部4年生、2年生の特別講義に第一岡本病院リハビリテーション科 科長 三浦雄一郎先生をお迎えしました。
夕方から、臨床理学療法学教室 忘年会に三浦先生にも参加いただきました。
また、先日、ヘルスプロモーション整復学科 佐々木助手および3年生の4名が日本接骨医学会で足の運動イメージに関する研究発表をおこないました。
その打ち上げも一緒におこないました。

みなさん、楽しそうな表情ですね。来年も頑張れそうです。




平成25年11月23日

平成25年11月23日(土) 全日本鍼灸学会第33回近畿支部学術集会が開催されました。

研究室からは、大学院1年 生田君、2年 高橋君、そしてスピカ鍼灸マッサージ院 大崎さんが発表してくれた。

みなさん、しっかりした発表で感動しました。ご苦労様でした。写真は、終了後、発表者の3名、彼らの所属している施設の鍼灸師のみなさん、そして、指導者の谷准教授、鈴木教授です。

平成25年11月7日〜9日

 平成25年11月7日(木)〜9日(土)の予定で日本臨床神経生理学会に参加しました。
今回は、鈴木教授の他に、谷埜講師、今年大学院(鈴木研究室)を卒業した由留木準研究員、M2の山本君の4名で参加しました。
大変沢山の刺激をもらうことができ、次からの研究に発展させていきたいと思います。 

写真は、8日(金)の夜に大変美味しい食事をさせていただきました。その店の前で、満足した様子の4名でした。


鈴木教授の論文が掲載されました。

鈴木教授の1分間のリラックスイメージの論文が、The Open General & Internal Medicine Journal(ISSN: 1874-0766)に掲載されました。

鈴木教授の論文が掲載されました。

鈴木教授の1分間のリラックスイメージの論文が、The Open General & Internal Medicine Journal(ISSN: 1874-0766)に掲載されました。

鈴木教授の論文が掲載されました。

鈴木教授の1分間のリラックスイメージの論文が、The Open General & Internal Medicine Journal(ISSN: 1874-0766)に掲載されました。

鈴木教授の論文が掲載されました。

鈴木教授の1分間のリラックスイメージの論文が、The Open General & Internal Medicine Journal(ISSN: 1874-0766)に掲載されました。

鈴木教授の論文が掲載されました。

鈴木教授の1分間のリラックスイメージの論文が、The Open General & Internal Medicine Journal(ISSN: 1874-0766)に掲載されました。

鈴木教授の論文が掲載されました。

鈴木教授の1分間のリラックスイメージの論文が、The Open General & Internal Medicine Journal(ISSN: 1874-0766)に掲載されました。

鈴木教授の運動イメージの論文がNeuroRehabilitationに掲載されました。

NeuroRehabilitation
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23949030

Excitability of spinal neural function during several motor imagery tasks involving isometric opponens pollicis activity.

Suzuki T, Bunno Y, Onigata C, Tani M, Uragami S.

NeuroRehabilitation. 2013 Jan 1;33(1):171-6.

PDFファイル←ここをクリック

吉田講師の論文が、月刊「スポーツメディスン」に紹介されました。

PDFファイル←ここをクリック

鈴木教授が考案した経穴刺激理学療法の英論文が公開されました。
(08 April, 2013)

Combination of Physical and Acupuncture Therapy: Acupoint Stimulation Physical Therapy (ASPT)
By Toshiaki Suzuki, Makiko Tani, Chieko Onigata, Yoshibumi Bunno and Sohei Yoshida
"International Journal of Integrative Medicine", ISSN 1848-8846

下記のURLよりご覧ください。 Open accessです。
http://www.intechopen.com/journals/international_integrative_medicine

What's New【テキストボックス】

2010.xx.xx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2010.xx.xx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2010.xx.xx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2010.xx.xx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2010.xx.xx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2010.xx.xx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2010.xx.xx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2010.xx.xx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
このページのトップへ