ようこそ!関西医療大学 臨床理学療法学教室(理学療法学ユニット)へ。

本学理学療法学科 福本助教の論文が掲載されました。


 本学理学療法学科 福本悠樹助教が、臨床神経生理学会誌へ論文「断続的な視覚フィードバックを利用した運動練習後の運動イメージが運動の正確さ及び脊髄前角細胞の興奮性変化と自律神経活動に与える影響」が掲載されました。
論文では、運動イメージが運動の正確度を向上させるためには視覚情報を断続的に付与する中で運動練習を行わせておくことが重要であると証明しました。
この論文は、青森県立保健大学大学院 博士後期課程での主論文として学位授与に関わったものであります。
本論文作成に当たっては、本学理学療法学科 鈴木俊明教授が指導者として関与されています。
これからも福本助教には積極的な研究活動を頑張っていって欲しいと思います。



このページのトップへ