ようこそ!関西医療大学 保健医療学部 臨床理学療法学教室(理学療法学ユニット)へ。

臨床理学療法学教室 教員、大学院生頑張ってくれました。

臨床理学療法学教室 教員、大学院生頑張ってくれました。

秋には沢山の学会で臨床理学療法学教室 教員、大学院生が活躍してくれました。

11月15日(金)〜17日(日)は日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会が行われました。鈴木研究室 大学院生、大学院修了生を含めた8演題の発表と鈴木教授は一般演題、教育講演の司会をしました。

11月23日(土)は全日本鍼灸学会近畿支部学術集会が行われました。ジストニア研究で頑張っている大学研修員3名が谷教授の指導のもとで発表してくれました。

11月23日(土)〜24日(日)日本柔道整復接骨医学会がありました。ヘルスプロモーション整復学科 中西助手(現在、大学院1年 鈴木研究室所属)と準研究員の2演題の発表がありました。

11月28日(木)〜30日(土)には、鈴木教授が代議員をさせていただいております日本臨床神経生理学会が開催されました。研究発表としては鈴木教授、大学院生、大学院修了生、また、来年より鈴木研究室で大学院生となる理学療法士と合わせて14演題の研究発表をおこないました。

11月30日(土)〜12月1日(日)は日本運動器疼痛学会、日本基礎理学療法学会が行われました。日本運動器疼痛学会では鈴木研究室の大学院生がシンポジスト、研究発表を、日本基礎理学療法学会では、鈴木研究室学部ゼミ生(3年生、4年生)、鈴木研究室の東藤助教、福本助教、そして谷埜教授の5演題の発表が行われました。鈴木教授と谷埜教授は司会も担当しました。

11月の発表演題数は34演題です。1ヵ月の演題発表数は過去最高です。皆さん、本当にお疲れ様でした。


東藤助教の論文が雑誌「International Journal of Neurorehabilitation」に掲載されました。

東藤助教の論文が雑誌「International Journal of Neurorehabilitation」に掲載されました。

F波波形分析に関する論文です。

Mismatch between Correlation Coefficient and Visually Evaluation for Similarity of F-wave Waveform
Todo M, Fukumoto Y, Tani M, and Suzuki T

Int J Neurorehabilitation Eng 2019, 6:3


山ア助教の論文が雑誌「Journal of Physical Therapy Science」に
掲載されました。

山ア助教の論文が雑誌「Journal of Physical Therapy Science」に
掲載されました。

方向転換動作における関節トルクの性差に関する論文です。
この研究は、山ア助教が本学大学院で谷埜教授の指導のもと完成された論文です。
本当におめでとうございます。

Gender differences in joint torque focused on hip internal and external rotation during a change in direction while walking
Wataru Yamazaki, Yoshitsugu Tanino

J. Phys. Ther. Sci. 29:2160-2164,2017


東藤助教の論文が雑誌「International Journal of Neurorehabilitation」に掲載されました。

東藤助教の論文が雑誌「International Journal of Neurorehabilitation」に掲載されました。

F波波形分析に関する論文です。おめでとうございます。

Application of F-Wave Waveform for the Effect of Physical Therapy-Relationship between the Correlation Coefficient of the F-Wave. Waveforms and Waveform Identification by Investigators

Todo M, Suzuki T, Fukumoto Y, Tani M, Bunno Y, and H Yoneda1

Int J Neurorehabilitation Eng 4:4,2017



東藤助教の論文が雑誌「International Journal of Neurorehabilitation」に掲載されました。

東藤助教の論文が雑誌「International Journal of Neurorehabilitation」に掲載されました。

Excitability of Spinal Neural Function by Motor Imagery with Isometric Opponens Pollicis Activity: Influence of Difference Methods Motor Imagery.

Todo M , Bunno Y, Suzuki T

Int J Neurorehabilitation Eng 2016, 3:6



鈴木教授、文野助教の論文が雑誌に掲載されました。

文野助教の論文が雑誌「Journal of Physical Therapy Sciences」に掲載されました。

Excitability of spinal motor neurons during motor imagery of thenar muscle activity under maximal voluntary contractions of 50% and 100%

Bunno Y、Onigata C、Suzuki T

J. Phys. Ther. Sci.27:2775-2778.2015

Motor imagery muscle contraction strength influences spinal motor neuron excitability and cardiac sympathetic nerve activity

Bunno Y、Suzuki T、Iwatsuki H

J. Phys. Ther. Sci.27:3793-3798.2015



鈴木教授の論文が雑誌「International Journal of Neurorehabilitation」に掲載されました。

F-Wave Waveform Values Based On the Correlation Coefficient of Each Waveform Increased Following Improved Voluntary Movements in a Patient with Cerebrovascular Disease: A Case Study with Long-Term Follow-Up.

Suzuki T, Bunno Y, Tani M, Onigata C, Fukumoto Y, Todo M, Uragami S, Wakayama I, Yoshida S

Int J Neurorehabilitation Eng 3:206,2016



鈴木教授の論文が雑誌「Austin Journal of Neurological Disorders & Epilepsy」に掲載されました。

Mismatched F-Wave Data with Clinical Findings in a Patient with Cerebrovascular Disease.

Suzuki T, Tani M, Bunno Y, Onigata C, Uragami S, Fukumoto Y, Wakayama I, Yoshida S

Austin J Neurol Disord Epilepsy. 3(2):1023,2016



文野助教の論文が雑誌「Journal of Novel Physiotherapies」に掲載されました。

The Imagined Muscle Contraction Strengths did not affect the Changes of Spinal Motor Neurons Excitability

Bonno Y, Onigata C, Suzuki T

Journal of Novel Physiotherapies. S3:008,2016


日本臨床神経生理学会 2015年(第17回)優秀論文賞を受賞しました。

本学大学院を修了した由留木裕子先生(関西福祉科学大学 講師)が日本臨床神経生理学会 2015年(第17回)優秀論文賞を受賞しました。由留木先生は本学大学院で鈴木俊明教授の指導によりアロマテラピーの効果を神経生理学的に研究され、臨床神経生理学に下記の論文として掲載されました。

アロマテラピーが上肢での脊髄神経機能の興奮性に与える影響について
由留木裕子、鈴木俊明、文野住文、岩月宏泰  臨床神経生理学 42(4):87-99,2014

本当におめでとうございます。



理学療法学科 第1期生 博士号取得

本学理学療法学科1期生卒業の文野住文先生が青森県立保健大学大学院より博士号(保健学)を取得されました。
文野住文先生は、平成23年3月に理学療法学科 第1期生として卒業、同年4月に本学大学院保健医療学研究科に入学し、鈴木俊明教授の指導のもと「運動イメージにおける脊髄神経機能の興奮性」に関する研究し、修士(保健医療学)を取得されました。本学大学院で多くの論文を書かれ、修了後には本学理学療法学科 助教として活躍してくれています。
また、大学教員として勤務しながら、青森県立保健大学大学院 健康科学研究科(博士後期課程)に入学し、岩月宏泰教授のご指導のもと、博士(保健学)を取得されました。研究テーマは「運動イメージにおける脊髄神経機能の興奮性、自律神経活動」に関する研究であります。
本学理学療法学科 初めての博士 誕生に非常に嬉しく思います。
おめでとうございます。



NEWSページを更新しました。

詳しくはここをクリック

論文がFunctional Neurologyに掲載されました。

鈴木教授のパーキンソン病患者への運動イメージの論文がFunctional Neurologyに掲載されました。

Funct Neurol. 2014 Dec 22:1-5. [Epub ahead of print]

Excitability of spinal neural function during motor imagery in Parkinson's disease.
Suzuki T, Bunno Y, Onigata C, Tani M, Uragami S, Yoshida S.

ここをクリック

鈴木教授の新しい論文が、雑誌「NeuroRehabilitation」に掲載されました。

Excitability of spinal neural function by motor imagery with isometric opponens pollicis activity: Influence of vision during motor imagery.

ここをクリック

鈴木教授の論文が掲載されました。

鈴木教授の1分間のリラックスイメージの論文が、The Open General & Internal Medicine Journal(ISSN: 1874-0766)に掲載されました。

鈴木教授の運動イメージの論文がNeuroRehabilitationに掲載されました。

NeuroRehabilitation
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23949030

Excitability of spinal neural function during several motor imagery tasks involving isometric opponens pollicis activity.

Suzuki T, Bunno Y, Onigata C, Tani M, Uragami S.

NeuroRehabilitation. 2013 Jan 1;33(1):171-6.

PDFファイル←ここをクリック

吉田講師の論文が、月刊「スポーツメディスン」に紹介されました。

PDFファイル←ここをクリック

鈴木教授が考案した経穴刺激理学療法の英論文が公開されました。
(08 April, 2013)

Combination of Physical and Acupuncture Therapy: Acupoint Stimulation Physical Therapy (ASPT)
By Toshiaki Suzuki, Makiko Tani, Chieko Onigata, Yoshibumi Bunno and Sohei Yoshida
"International Journal of Integrative Medicine", ISSN 1848-8846

下記のURLよりご覧ください。 Open accessです。
http://www.intechopen.com/journals/international_integrative_medicine

このページのトップへ