理学療法学 ユニット勉強会

理学療法学 ユニット勉強会

理学療法学ユニット 研究・連絡発表会
2018年度
開催回 日程 発表者 テーマ
42回 4月19日 鬼形助教 今後の研究課題について
文野助教 最大努力の50%での運動イメージが母指と示指での最大ピンチ力に与える影響
43回 5月22日 米田准教授 快・不快感情による立ち上がり動作への影響について
中尾講師 下部体幹筋群活動による腰仙部安定性と身体運動パフォーマンス
44回 7月3日 東藤助教 イメージ中止後の波形変化
山ア助教 停止動作中に身体運動を減速させる戦略について
45回 7月24日 文野助教 運動イメージがピンチ力調整能力に及ぼす影響 ?EMG周波数解析を用いた検討方法について-
福本助教 視覚を用いた運動イメージ練習がピンチ動作の正確さに及ぼす影響 ?F波と脈波による解析-
46回 8月17日 山ア助教 停止動作中に身体運動を減速させる戦略について
47回 8月20日 島谷氏
(大学院生)
下腿肢位変化が膝伸展課題中の大腿四頭筋の筋活動に及ぼす影響
48回 9月27日 谷埜教授 内側広筋斜頭の筋力が膝関節伸展トルクに及ぼす影響
東藤助教 イメージ方法を指定した際の脊髄神経機能の興奮性の変化
49回 10月20日 吉田講師 産学協同による受託研究で作成した外反母趾用靴下と運動療法の効果について
福本助教 運動イメージの想起能力の違いが脊髄前角細胞の興奮性と運動の正確さに与える影響
50回 11月15日 文野助教 運動イメージがピンチ力調整能力に及ぼす影響―EMG周波数解析を用いた検討について―
西川氏
(大学院生)
ギャッジアップ臥位における頭部の前後屈位置が及ぼす嚥下筋活動の変化
51回 12月25日 福本助教 継続的に運動イメージを実施させても脊髄前角細胞の興奮性変化は同程度である
52回 12月27日 東藤助教 イメージ中断内容の変化による脊髄神経機能の興奮性変化
53回 1月29日 山ア助教 膝内反変形を有する患者における方向転換動作のバイオメカニクス
54回 2月5日 東藤助教、福本助教 運動イメージが運動の素早さと脊髄前角細胞の興奮性に与える影響
55回 3月5日 福本助教 数字情報の視覚を用いた運動イメージ練習がピンチ運動の正確さに及ぼす効果 -F波と脈波による解析-
2019年度
56回 4月2日 吉田講師 外反母趾とその歩行時特徴について ー床反力と身体質量中心との関連性の検討ー
57回 5月14日 吉田講師 腰部柔軟性と歩行時の体重緩衝作用の関係について -加速度計を使った評価での検討-
このページのトップへ